コグマ夫婦のキャンプ雑記

アメリカキャンプ旅計画中。キャンプばかりの夫婦が日常、旅先のこと、好きなギアや好きなキャンプ場を語ります

こんなにきれいで無料!山部自然公園太陽の里キャンプ場(北海道キャンプ旅)


f:id:camper22koguma:20190127111202j:plain

 

 

コグマ夫婦はキャンプ好きが高じて、結婚休暇をいただいての新婚旅行もキャンプ三昧でした。

職場の人からは「ハネムーンなのに宿止まらないの?笑」と驚かれましたが、浮いた宿代で美味しいものたらふく食べました。

ご飯にお金かけたら幸せでしたよ〜おすすめ!

キャンプ三昧をするのに、初夏の北海道は予想以上の感動的クオリティでございました。絶対おすすめ。

 

北海道のキャンプ場最強説。コスパ最高 

もうキャンパーとして興奮が止まらなかった。

  • きれいで景色もよく
  • コスパのいい安いキャンプ場の多いこと!
  • そして広い
  • 贅沢

関東のキャンプ場本当に高い&狭いし羨ましい…北海道のようなキャンプ場に囲まれて生活したい…笑

今回は車で移動しながらの一週間のキャンプ生活で、本当に素敵なキャンプ場が多かったので、再訪を誓うため備忘録として記事にしようと思う。

いざ、出発(大洗港~苫小牧さんふらわあしれとこ深夜便

f:id:camper22koguma:20190127114927p:plain

キャンプで北海道を制覇するには車が必須なわけですが、関東在住の我々はマイカーであるクロスロードで北海道を巡ることを決意。

車で行くにあたってはカーフェリーを手配しました。

荷物を先に北海道に送って、レンタカーを借りることも考えましたが、初夏とは言え防寒グッズが必要とされる北海道へ行くとなると、まあまあ荷物が多い

加えてコグマ夫婦はカヌーも持参したかった(笑)のでもう車ごと行くしかなかったです。

 

カーフェリー利用。積載は?

f:id:camper22koguma:20190127110314j:plain

↑積載はこんな感じ。テント複数と防寒グッズ、カヌーが積載を圧迫…そして汚い笑

船内の様子

f:id:camper22koguma:20190127110801j:plain

f:id:camper22koguma:20190127110744j:plain

船内は多分テントより快適

コツは、クーラーBOXに冷凍食品詰めていくこと!(船内の食料は割高なので)

船内で食っちゃ寝してました。笑

f:id:camper22koguma:20190127110923j:plain

到着したらとりあえず寿司!回転寿司!関東とはサイズが違う笑!幸せ!

山部自然公園太陽の里キャンプ場

f:id:camper22koguma:20190127111202j:plain

さて!いよいよお待ちかね、キャンプです。

空気も澄んでいて、星空もきれい。北海道だ~!

こちらは初日に行ったキャンプ場。富良野にあります。(HP

いろいろエリアがあって、敷地が本当に広い。一泊しかできなかったのが本当に悔やまれる。この芝生のきれいな感じ…これで無料。問題なくトイレもきれい

すごいぜ北海道。これが無料なんてずるいぜ北海道。これだけきれいで無料だと嫁の機嫌もいい。女性にもいいよね。

日中はここを起点に富良野を観光できます。

f:id:camper22koguma:20190127111241j:plain

普通にキツネが歩いてるよ…これが北海道…かわいい。(触っちゃダメです)

f:id:camper22koguma:20190127111343j:plain

結構な迫力での熊出没注意喚起…熊もでるみたいね…これが北海道…肉、外で焼かないように…

f:id:camper22koguma:20190127111435j:plain

敷地内に小川が流れてて、見渡せば山脈。そんな自然いっぱい最高のロケーションなのに混んでいない。なんで?ザ・北海道クオリティ

いや~初日から快適で贅沢です。こんな贅沢して、関東でキャンプできなくなったらどうしようという不安がよぎりました。