コグマ夫婦のキャンプ雑記

アメリカキャンプ旅計画中。キャンプばかりの夫婦が日常、旅先のこと、好きなギアや好きなキャンプ場を語ります

【アメリカキャンプ】アメリカに行ったら必見のアウトドアショップまとめました


 

アメリカでキャンプ旅中のコグマです。

いやはや、アメリカを巡る際キャンプ好きとして外せないのが、アウトドアメーカー&ショップ巡りでございます。

もう〜〜さすが、アウトドア大国アメリカ日本ではなかなか見かけない掘り出し物があるケースもあります。また、アメリカに行く旅費がかかっているとは言え、現地で直接買うわけですから、日本で買うより安く手に入るケースもままあり。笑

そして店舗内のグッズが新鮮、充実。キャンプ好きとしてはたまらん天国です。

今回は、旅中でコグマ家が訪れたアウトドア・キャンプショップをご紹介します。

みなさまもぜひ!アメリカに来る際は立ち寄ってみてください。アドレナリン出まくりです。笑

えー、訪ねた際はUSED商品(中古品)がないか尋ねると、思わぬ値段で商品が手に入ったりするかも‥?しれません。中古品に抵抗のない方は、ダメ元で尋ねてみるといいかもしれません。

店員さんもアウトドアが好きな方ばかりで、ただお話をするだけでも楽しい世界です。拙い英語でもなんとかなります笑

REI レイ(アメリカ全土、本社はアメリカ・シアトル)

まずはこちら!アメリカといったら、アウトドア用品店『REI』が有名ですね。

アメリカ人御用達のアウトドア店で、アメリカ全土に展開しています。日本で言うところのwild-1(ワイルドワン)という感じでしょうか。

実際に、アメリカでキャンプをしていて一番よく見かけるのがREIのテントになります。

REIはテントをはじめ、日本では見かけないデザイン色使い本当にかわいいんですよね〜〜。

もちろんそのほかにもキャンプギアの取り揃えがあります。

アメリカ全土に展開してますので、旅程の途中で寄ってみてはいかがでしょうか。

ちなみにシアトルの本社にもいってみました。

売り物には大差ないですがREIのショップも併設なので、シアトルに行かれる方はどうせだったら本社に行ってみるのもありかなと思います。

LODGE ロッジ(アメリカ・テネシー州)

どどーん。さてはて、この大きな店構え‥!スキレット・ダッヂオーブンでアメリカ1と言われるLODGE(ロッジ)のファクトリーストアになります。

店内、ぜーんぶロッジでございます。高まる!!

スキレット・ダッヂオーブンに加え、ロッジのロゴの入った生活小物までありますので、仲間へのお土産なんかも買いやすいと思います。

うちではちなみに8インチさんが一番使われています。笑

場所は、こちら。

Kermit Chair Co カーミットチェア(アメリカ・テネシー州)

続きまして、こちらも日本でかなり流行していますカーミットチェアの本社が、ロッジのストアと同じアメリカ・テネシー州にあるんですね〜〜。

とのことで、行ってまいりました。実際にカーミットチェアのブランドを目の当たりにしまして、かなりテンションあがりましたw

日本で買うカーミットチェアなかなかな値段がしますが、アメリカで買うとなれば代理店を通さないので、日本で買うより多少は安く手に入ります。(旅費はかかってますがねw)

コグマ家、念願のカーミットチェア、ゲットでございます。

使い勝手は賛否両論ありますが、とにかく、とにかくかわいいんだぜ座り心地も悪くないですが、足が細いのが使ってる中で若干気になるかな〜〜。まだ実際に使いはじめたばかりなのでわからんのですが。

使いこなしていったらカーミットチェアレビュー記事でも書こうかなと思います。

ま、コグマ家的には使いやすいので大満足です。

場所は、こちら。

next adventure(アメリカ・ポートランド)

続きまして、キャンプ用品の新・中古品を扱うキャンプショップ『next adventure』さんです。

アウトドア用品について幅広く取り扱っており、新品だけでなくセカンドユーズ商品もあります。これがまたかなり割安価格wコグマ家大興奮でした。笑

特に新品にこだわらない方は本当に一度訪れてみてほしい。掘り出し物、ありました。笑

ポートランドはこの他にペンドルトンの大きなお店もあるのでテンションあがりまくりなんですよねぇw

場所は、こちら。

Hilton's Tent City(アメリカ・ボストン)

こちらはボストン!中古品の取り扱いがあるアウトドアショップ、Hilton's Tent Cityさんです。

ここもまぁ〜〜たくさんのギアが眠っていて、店内を物色するだけでだいぶ楽しい。店員さんもいい人です。笑

場所はこちら。

Cabela’s カベラス(アメリカ・何店舗かある)

アメリカ老舗アウトドアショップとして日本でも名の知れているカベラス、こちらも楽しかったです〜〜

アウトドア・釣り・ハンティング好きにはたまらないんですよね。キャンプグッズも取り扱いがあります。

まず店舗がめちゃめちゃでかい!見応えありです。

で、加えて内装に工夫があって、大迫力の剥製が大量にあったり、ミニアクアリウムがあったりして、全くアウトドアに興味のない人も楽しめる店内装飾になっています。笑

おかげで、お子さんなんかも楽しんでましたね w

アメリカ内に何店舗かあります。

Byer of Maine バイヤーオブメイン(アメリカ・メイン州)

バイヤーさんもアメリカ老舗のアウトドアショップですね。うちにもバイヤーのコットンがありますが、そのバイヤーの店舗がアメリカ・メイン州にあります。

ちなみにうちで愛用中のコットが以下です。多少重いのが気になりますが、しっかりしてるので寝やすいのと、コグマ嫁でも設営が簡単なので重宝しています。車でキャンプに行く人にはいいと思いますね。

そんなバイヤーさんのショップがアメリカにあり、行ってみたいとなりまして笑

やはり日本に流通しているより安かった商品もいくつか‥

場所は、こちら。

pendletonペンドルトン(アメリカ・ポートランド)

こちらは、みんな大好きペンドルトンの路面店になりなります。アウトレットと聞いて伺いましたが、値段はまったくかわいくなかったです w

ただ、セール品やらもあるので掘り出し物もあるかも‥?一面ペンドルトンで結構テンションあがります w

あとは、ペンドルトン特有の可愛い柄生地の切れ端も売ってくれるので、これは嬉しい!キャンプ用の手さげとか手作りしちゃおうかな‥!

場所は、こちら。

買ったものはどうする?

買ったものは、日本に送る持って帰るかしなければならないので、その辺は段取りしてから買った方がいいですね w

日本に荷物を送るにあたって、オーソドックスなUSPS(united state postal servis =アメリカの郵便局)を利用する場合、アメリカの住所がないと厳しいということが判明しております。笑

コグマ家、住所がないために、荷物を送ろうとして断られてます、アメリカの郵便局で!笑

あとは物によっては関税がかかったりもするのでその辺は事前調査を。

一番いいのは持ち帰れるサイズの買い物に留めることですね。日本の空港にさえ持ち帰れれば、そこから自宅へ郵送等はできるので。

アウトドア大国ですが、下調べ前の買いすぎには注意です!笑

アメリカ・アウトドアショップで掘り出し物を探そう!

キャンパーのアメリカの楽しみ方として、やはりアウトドアショップでのショッピングはぜひおすすめしたいところです。

もちろんキャンプをしたり、その他主要観光地を優先するのもおすすめですが、時間・ルートに余裕がある場合は、ぜひ立ち寄ってみてください。

店員さんもだいたいアウトドア好きが多くていろいろ教えてくれますよ。

コグマでした。