コグマ夫婦のキャンプ雑記

アメリカキャンプ旅計画中。キャンプばかりの夫婦が日常、旅先のこと、好きなギアや好きなキャンプ場を語ります

【アメリカ】便利な駐車場アプリを活用!車で観光地へ行こう


 

こんにちは、コグマです。アメリカに滞在しながら絶賛キャンプ中です。

突然ですが、今回はキャンプと関係のある記事ではなく、アメリカ観光記事になりますw

当方、メインはキャンプのブログになりますが、キャンプ関係なくてすみません。笑

もうこれ以降アメリカを堪能するチャンスなんてそうそうない!と、割と全力で観光も楽しんでいるコグマ家、いろいろと発見もあるので、今回記事にしたいと思っています。

さて、今回は『ワシントンDCへ車へ行く』にあたって、非常に便利だった駐車場検索&予約アプリ『BEST PARKING』の紹介です。

アメリカの不慣れな土地で、行き当たりばったりで駐車場を探すとなるととても大変なんです。

1日いくらかかるのかっていう看板も英語ですからね、車に乗りながらの把握が難しいです。

ましてお得な駐車場なんてわからない、相場が妥当かどうかわからない、ですごーく悩みのタネでした。

その悩みのタネを全部解決してくれるのが、この『BEST PARKING』のアプリです。

ワシントンDCへの観光は、駐車場をその場で探すのが大変なので公共交通機関の利用が推奨されていますが、このアプリさえあれば、車での観光だって難しくありません

もちろんアメリカのその他観光地でも活躍してくれるでしょう。

しかも、このアプリ。アメリカにいながら日本版アップルストア(日本で使用していた時そのままの設定)でダウンロードできるんです!助かる泣。

本当にコグマ家はこのアプリにお世話になったので、ぜひ記事にしたいと思いました。

では行ってみよう!

アメリカを車で観光する際の悩み、駐車場について

えー、コグマ家はアメリカでレンタカーをしており、全て移動は車です。

アメリカを観光するにあたって、その国土の広さや、行動範囲の拡大を求めて車で観光する方は結構いると思うんですね。

慣れてしまえば、公共交通機関より融通が利き、便利です。荷物も積めますし、宿から目的地の近くまで車で接近できますし。 複数都市行き来する場合はさらに便利です。

アメリカ都市部の観光地は駐車場探しで困る

ただ、困ることが1つ。駐車場問題ですね。

コグマ家は国立公園メインに観光しています。国立公園や、自然がメインの観光地広大な駐車場が設けられており、特に駐車場で悩んだことはありません。また、施設内にだいたいあるので追加でお金がかかることはありません。

一方、都市部への観光(ワシントンDC、ニューヨーク、ラスベガス、ロサンゼルス等々)は、日本に比べパブリックの駐車場も多いのですが、もちろん観光客の車も多い。例えば観光地が直接運営してるような立地の格安でわかりやすい駐車場は競争率が高いです。

かと言って民間の運営する駐車場に停めようとすると、各駐車場値段は違うわ、比較するのも大変だわ、道も不慣れで駐車場探しどころではないわ、利用時間についても交渉が難しいわ、で駐車場停めるまでに大変疲れるんですよね〜〜w

ワシントンDCへ車で観光に行った時に困った話(コグマ家の場合)

コグマ家が実際に困った例をあげるとワシントンDCを車で訪れた時

大都市ワシントンDCにも観光に行きたい!といろいろ下調べ。

今回はスミソニアン博物館群(なんとほとんどの博物館や美術館が無料w)を中心に、1日かけてワシントンタワーやホワイトハウス等々を徒歩でまわる計画車で最寄りまで行きたいと考えておりました。

下調べすると、平日について駐車場は周辺にたくさんあるものの、ワシントンDCはビジネス街につき、土日や祝日に比べて平日は駐車場停めにくい説が多い。へー。そもそも車ではなく公共交通機関で行けという先輩が多い

コグマ家は平日に行く日程。おっとどうなる??w見た感じ平日に車で行くのはあまり推奨してない人が多いぞ??うーむ。

でも、コグマ家の場合、宿の位置の関係とか考えるとどうやっても今回は車の方が都合がいい。コグマ家の例で言えば、公共交通機関利用におけるネックはこれ。

  • 宿から公共交通機関が近くない←ミス
  • 公共交通機関を利用している間車はどうするか問題←宿を連泊にしていないミス
  • 公共交通機関の利用法を調べるの面倒←怠慢w

ええい!面倒くさい!車で行ってしまえ!で、行ってみたわけです。まぁ、どっちに転んでもブログのネタになるし!と思って。←え? w

そしたらまぁ大変なんですよ。駐車場探すの。

平日のワシントンDCの駐車場探しは難しい!

着いてみてわかったんですけど、ワシントンDC内で駐車場探すのって、イメージとしては丸の内のような大都会で駐車場探す感じ。大変。

ワシントンDCの立体駐車場は値段マチマチ、探しづらい

1日時間制限なしで停められれば存分に観光できるのでいいですよね。

が、まぁ〜〜慣れない都会で車を運転しながら、妥当な相場の、観光地までアクセスがよい駐車場を探すのって相当大変です。

まず1日の最大料金を運転しながらのチラ見で把握するのが相当難しい w相場もわからない。笑

変にぼったくられても嫌だしな〜〜という気持ちも出てきたりして。

ワシントンDCの路肩の駐車場は平日時間制限がある

立体駐車場がなかなか目視での内容の把握が難しいので、路肩に停める駐車場にチャレンジも検討しました(アメリカでは一般的)

路肩の駐車場に関して、ワシントンDCでもかなりの利用者がいます。

看板にて以下のように駐車エリアの表示があります。逆に駐車がダメなエリアには『no parking』と表示があります。こんなのですね。↓

pay by phone(スマホのアプリから払えるよ!)』と表示がありますが、スマホじゃなくても大丈夫です。備え付けの機械から手払いで払えます。

立体駐車場に比べて、路肩の駐車場は比較的探しやすいので利用してもいいとは思うのですが、注意しなければならないのは時間制限があるケースがある、ということです。

ワシントンDCのスミソニアン博物館周辺の路肩は、平日においては2時間制限がアベレージです。全然足りねぇ!笑

コグマ家、路肩のパーキングに停めてみました。が、2時間ごと駐車場まで戻ってきて更新しなくてはならないパターンだった〜それで足りればいいんですがスミソニアン博物館周辺の観光は1日コースなので2時間じゃ全然足りない

2時間ごと戻ってくる羽目に。笑

つまり、平日のワシントンDCの路肩のパーキングは、えーっとすごく面倒くさい w笑

(『park mobile』のアプリがゲットできれば、駐車時間の延長もスマホでできるんですけど、アプリダウンロードにはアップルストアのアメリカ設定が必要。コグマ家はアメリカ設定がうまく出来ない勢なのでできない泣)

ちなみにワシントンDCの路肩パーキングは2時間の目安、5ドル弱です。

うーむ、効率的でお得な駐車場を見つけるいい方法はないものか?

アメリカ都心部観光の駐車場の悩みを解決!『BEST PARKING』アプリとは

そんな時に悩みを解決してくれたのが、『BEST PARKING』アプリでした。

えー、こちら、行きたい場所、必要な駐車時間を指定するだけで、その周辺のパーキング情報が出ます。こんな感じ↓

これ、平日8時間ワシントンDCで駐車したいと検索した結果。割安なのもある!

これさ、目的地から駐車場の距離もわかるし、価格帯もわかる。自分の予算と時間で選べます。

価格帯の振り幅も見てください、これは『ワシントンDC・平日・9時〜17時』で検索した場合ですが10ドル〜30ドルまでありますね。相場の価格が一目瞭然です。ありがたすぎる。

さらにこれを予約ができるグーグルマップに住所を連携して案内してくれる。カード情報入れておけば当日支払いは不要

  • その時間に行けば必ず駐車場があって、
  • 価格も自分が納得する価格で決定できて、
  • 駐車場探して彷徨うことがなくなって、
  • 支払いはネットでできちゃうっていう。

おぉ〜〜便利。

『BEST PARKING』アプリってどうやって使うの?

まぁまずはダウンロードしてみてください。

『BEST PARKING』のアプリの使い方をご紹介します。

まずは『BEST PARKING』アプリをダウンロード

まずはダウンロードしましょう!

このアプリ、日本版アップルストアからダウンロードできるので、単純に『BEST PARKING』で検索してください。

『BEST PARKING』へアカウントの登録

ダウンロードができたら、アカウントの設定です。

はじめての場合は、アプリ下のメニューバーから、『account』をタップします。

SIGN UP』か『SIGN IN WITH Google(Googleアカウントがある場合それを利用できる)』を選んでアカウント設定して行きます。

『BEST PARKING』で駐車場を探す

アカウントの設定が済んだら、今度は実際に駐車場を探しましょう。

まずはアプリのメニューバー下『HOME』をタップし、上記画面を開きます。

enter address or placeへ目的地を入力

入力欄へまず目的地を入力します。英語で入れます。

START → END へ必要時間を入力

スタートをタップして希望の駐車開始時間を、エンドをタップして駐車場を出る予定時間を指定します。

入力する時間の長短で、駐車料金も前後すると思うので、予算に合わせて動かしてみてください。

SELECT A DESTINATIONをタップ

こちらをクリックすると、次画面に移動します。

目的地周辺の駐車場が、価格でマップに表示されます。

好みの駐車場を選ぶ

青いピンが予約できる場所です。値段や、場所から好みの青いピンを見つけ、タップしてみてください。詳細がでてきます。

また、画面下『filters』を押して検索条件を絞れます。

アメリカの駐車場が不慣れな方は、『attend』有りで検索をすればいいかと思います。(駐在の人がいる駐車場を探せます、もちろんアメリカ人ですが。)

好みの駐車場をタップしたら、その駐車場の情報に飛ぶので(住所や口コミ、外観の確認ができます)、その情報を元に吟味。

詳細画面の『when you arrive』の欄に、駐車場に着いたらどうすればいいのかが書いてあります。

慣れてきたらこの手順に沿って駐車すればオッケーです。不慣れな場合は着いたその場で、予約確定後に出るQRコードを準備してアテンドさんに声かけましょう。

上の画像の場合は、

駐車場エントランスに着いたら、手続き完了後に出てくるQRコードをゲートにかざし、"reserved"マークのない場所に駐車し、出発の時にまたQRコードをかざしてね

ということが手順として書いてあります。

QRコードは、予約確定後アプリから見れるようになります

好みの駐車場が見つかったら予約確定する

好みの条件の駐車場が見つかったら、予約を確定させます。

予約確定前に、このような画面が出ました。

早く着いちゃった場合は、安い追加料金でこの駐車場は停められるよ。遅れる場合は10時59分までには来ないとだめだよ。

→予約確定する

→NO thanks、もう一回探すよ』

と出てきました。

つまり、10時に予約した場合、早くチェックインするには追加料金なので、10時過ぎに着くように行くのがベストです。予定を変えて早めに行きたい等の場合は、この駐車場の場合、追加料金で対応してくれるとのことですね。

また、10時過ぎに到着と言っても、10時59分までには必ず到着する必要があるとのことですね。

ここで表示された内容に納得した場合は、『COMPLETE PURCHASE』で予約確定画面に進みます。

予約完了後

予約完了後は、以下のようなQRコードを、アプリ下のメニュー『my parking』から参照できます。

実際にコグマ家は、駐車場エントランスでアテンドさんにQRコードを提示したら、駐車スペースへスムーズに案内されました。

わからない場合はその場でアテンドさんに聞くのが早いですね。コグマ家も、つたない英語ながらなんとかなりました。

当日、アメリカの駐車場停めてみてどうだった?

以下の記事で、当日予約した立体駐車場に行ってみたコグマ家の詳細をご紹介します。

いろいろと日本と違うな〜〜と感じましたのでもしよかったら参考にしてください。



あわせて読みたい

アメリカの立体駐車場にチャレンジしてみた(記事作成中)

まとめ

このアプリさえ使えれば、万が一アメリカの観光地に駐車場をうまく発見できない時にも大変便利です。

アメリカに関して言えば、自然を観光する場所には駐車場が十分なくらいありますが、都心部にて自力でベストな駐車場を探すのは苦労します

あるいは都心部でなくても、予想外に駐車場が見つからず困るケースがあるかもしれません。

特にワシントンDCやニューヨーク等、アメリカ都心部に車で行くことを検討されている場合は、オススメのアプリになります。

コグマ家としては、このアプリのおかげでとても助かったので記事にしちゃいました。ははは。