コグマ夫婦のキャンプ雑記

アメリカキャンプ旅計画中。キャンプばかりの夫婦が日常、旅先のこと、好きなギアや好きなキャンプ場を語ります

【アメリカキャンプ】デビルズタワーでキャンプしてきた


 

アメリカでキャンプ旅中のコグマ夫婦です。

みなさま、アメリカの観光地、デビルズタワー国定公園をご存知でしょうか?

街中に突如現れる、天に向かって堂々とそびえ立つ大きな岩の塊。

あまりに突拍子のないその不思議な景観から、毎年多くの観光客が訪れる地となっています。

映画『未知との遭遇』のUFOが舞い降りたスポットとしても有名です。確かに、UFOが降りてきても不思議でないくらい、その景観は圧倒的にSFです。w

今回はそんなデビルズタワーを眼前に、キャンプしてきました。笑

観光情報と、キャンプ場の情報をまとめました。

まずはデビルズタワーの写真をとにかく見てほしい

デビルズタワーに関しては、まずとにかく写真を見てほしい

この、唐突で奇妙な岩の存在を信じられるだろうか?w

もっと近くで見てみよう。

なんだこれーーー笑。

こんなものが地球に存在してるとは、現物を目の前にしてもなかなか信じがたい。なんなんだこれは。どうしてこんなものが自然の力で出来上がってしまうんだ?????

もう、それは想像を超える景色で、しばらく考え込んでしまいました。笑

調べると、このデビルズタワーはかなーり硬い質の岩でできていて、周りの柔らかい地質がどんどん削られて、デビルズタワー部分だけ削られず残ったということらしいですね。そんなことある???地球の奇跡すぎるw w

このデビルズタワーの上にはネズミやヘビ、様々な動物が、これを登りきった末に住みついているんだとか。えええ。笑

本当に世界は信じられないことでいっぱいです。(壮大 )

デビルズタワーで何する?トレイル・キャンプ・クライミング

そんなデビルズタワーに行ったらできるアクティビティがいくつかあるので、まとめてみます。

デビルズタワー一周トレイルは外せない

デビルズタワーは1時間程度で周囲をぐるっと周りきることができます。トレイルコースとして舗装されたコースになってるので気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

タワーの麓から見上げると、本当に『なんなんだこれは。』という思いで胸がいっぱいになります。不思議な気分に。笑

デビルズタワーでキャンプもおすすめ

デビルズタワー国定公園にはキャンプ場もあります

眼前にデビルズタワーを見て、キャンプができます。朝起きた時の不思議な気分よ‥笑!

キャンプ場については後述で詳しくまとめますね。

デビルズタワーにクライミングもできる

デビルズタワー、なんと登ることも一応できます。楽しいだろうな〜〜

初級〜上級までコースが揃っており国定公園に申請することで許可されます。

なかなか気軽に挑戦とは行きませんが、思い出づくりにはクライミングも一案かもしれません。

デビルズタワー国定公園の場所、周辺観光

デビルズタワー国定公園(通称デビルズタワー)は、ワイオミング州の右上に位置しており、地図で見るとアメリカ中央の少し上に位置します。

バッドランズ国立公園やラッシュモア山等ブラックヒルズ地域の観光とセットに観光する方が多いと思います。

バッドランズは自然が雄大すぎて、大昔にタイムスリップした気分を味わえます。あとプレーリードッグにバッファローと遭遇できたりしますね。

ラッシュモア山は山中の巨大なモニュメントです。

キャンプをする方は、バッドランズ国立公園でのキャンプもかなり楽しいのでぜひセットでおすすめしたいです。

ほかの観光地ともセットにしやすい、そんな位置にデビルズタワーはあります。



デビルズタワーキャンプ場のスペック

デビルズタワーのキャンプ場は、国定公園内でもデビルズタワーの麓にあるので、木々の合間からデビルズタワーを眼前にキャンプができます

(コグマ家はデビルズタワーを眺めながら始終『どうしてこんなものが出来上がったんだろう‥』という不思議な気分でキャンプを楽しみましたw)

そんなデビルズタワーのキャンプ場スペックを箇条書きしてみます。

  • 手入れは行き届いている
  • 水あり、トイレあり、シャワーなし
  • 焚き火台、ベンチテーブルあり
  • 一泊20ドル
  • サイトは早い者勝ち
  • T Mobile回線は圏外
  • 近くにマーケットあり
  • 7月は朝晩冷え込む

こんな感じですね!

手入れは行き届いている

キャンプ場自体、自然の中に管理が行き届いていて、程よい自然の中で過ごしやすい印象です。

自然が深すぎるわけでもなく、かと言って自然が少なすぎるわけでもなく笑、ちょうどいいバランスでした。

水あり・トイレあり・シャワーなし

水と、水洗のトイレはありますので最低限の施設はあります。テントでキャンプするには十分ですね。

トイレも十分きれいです。

シャワーがないので、長期で滞在となるとちょっと面倒かもしれませんね。

焚き火台・ベンチテーブルあり

アメリカのキャンプ場の多くの例にもれず、デビルズタワーのキャンプ場も焚き火台・ベンチテーブルが各サイト付いております。

薪さえ買ってくれば焚き火ができますね!最高かよ。

一泊20ドル

シャワーはありませんが、一泊20ドルでデビルズタワーの麓でとても快適に過ごせたので、キャンプ利用料としては安かったなあと思います。

受付は無人のキャンプ場なので、支払いは現金。サイトを決めたら、封筒に現金を入れてPAY BOXに入れます。

サイトは早い者勝ち

コグマ家は平日17時頃到着しました。サイトについては選ぶ余地ありでした。

が、夜にはサイトはほぼ埋まっていました

早めに来るに越したことはないですが、午前中に来ないとサイトがなくなっちゃうよ!というわけでもなさそうです。

サイト数は50くらいあったかなと思います。

T Mobile回線は圏外

T Mobile回線は圏外でしたw

アメリカ北部中央について、なかなかT Mobile は電波が弱く、圏外ばっかりで困ってます笑

ほかの回線であればあるいは繋がるかもしれませんが、もしかしたら圏外かもしれない可能性を考慮しておいた方がいいです。

近くにマーケットあり

デビルズタワー国定公園を出てすぐのところにキャンプマーケットもあります

キャンプ場もデビルズタワー国定公園の入り口からほど近いところにあるので、距離にしても車で5分くらい。

キャンプに必要なグッズや、スーパーほどの品揃えはありませんが軽い食材等も売っていますので、何か不足の品はこちらで手に入ります。

ですが、来る前にどこかのスーパーマーケットで買い出ししておいた方がコスパはいいですし、品揃えも段違いでしょう。

あ、若干不安定ではありましたが、こちらのマーケットはWi-Fiが飛んでいます。

7月でも朝晩冷え込む

コグマ家は7月に訪れましたが、朝晩はトレーナーが必要なくらい冷え込みました。

夜は寝袋に毛布をインして寝てちょうどよかったですね。

夏でも寒さ対策、していってください。

デビルズタワーまとめ

こんな奇妙な景色、日本にはないですよね。地球のすごさを痛感します。笑

ぜひデビルズタワーを訪れてみてはいかがでしょうか。

加えて、キャンプ場も利用しやすかったのでおすすめです。

まぁ、キャンプはしなくとも、デビルズタワー自体人生で一見の価値ありです。本当に、不思議な気分になりつつ圧倒されます。