コグマ夫婦のキャンプ雑記

アメリカキャンプ旅計画中。キャンプばかりの夫婦が日常、旅先のこと、好きなギアや好きなキャンプ場を語ります

【嫁目線NEMOヘキサライトの感想】設営撤退がラクすぎて時短キャンプに


f:id:camper22koguma:20190309114329j:plain

 

この度、NEMOのヘキサライトに初泊まりしました嫁です。
キャンパーから言わせればすでにかなり有名な代物であるとのこと、人気すぎて品薄状態とのこと。へえー!

遅ればせながら我が家にも導入されておりまして、どんなものかと確認して参りました。嫁目線ですが備忘録も兼ねて語らせてください。

ところでキャンプ用品の名前ってなんでこんなに覚えづらいの???笑

設営、撤退が超ラク

ヘキサライトって名前は聞いたことがありました、キャンパー達の会話で。

でもどんなものかはわからないままいざ設営です。


それにしても、なんでこんなコンパクトなの?と思ったらフロアレス!なるほど!ツーポールシェルターの名の通り、ポールが2つ、上を覆う屋根となる布が一枚だけ。

いっつも私が行く時のキャンプはトンネルテント持参だったのですが、設営は大変だしそもそもめちゃくちゃデカイのよ。重いのよ。大変なのよ。

でもヘキサライトさん、フロアレスなのでとても軽い。コンパクト。設営もラクそうだ。いいぞ!


設営も6箇所にペグ打って幕のてっぺん2箇所に棒2本立てるだけ

え?めっちゃ簡単なんですけど‥いつものトンネルテントの作業なんなん‥汗だくでやってたやつ‥笑


加えて撤退についても、2本のポールを取ったらあとは幕を畳むだけ。なにこれ。10分で終わるう!

これは‥テント界の革命なのでは‥?!

全部フロアレスってどうなの?

↑私の第一声です。

いや、いつものトンネルテントも前室部分はフロアレスですが、なにしろヘキサライトはスカートがない。テントの裾の部分ね。

ヘキサライトさんは若干地面から浮いてるよね。ヒューヒューするよね。
例えば武井バーナーのような暖房器具を入れても大丈夫なスペースはあるのである程度暖は取れるのですが、マイナス圏でキャンプする場合は厳しいかもしれませんね。すきま風が寒いかも。

ペグを奥までさして、地面との隙間を小さくすることはできるのだけど、それでも寒そう。
相方は雪中キャンプでヘキサライトを使った際に、雪で堤防を作って風の侵入を防いだそうな。まぁ冬で使うには慣れた人向けでしょうね。


中はフロアレスな分開放感が強くて広く感じる。

あたたかければこのままコットで寝てもいいし、その場合なんかは手軽すぎて他のテントでキャンプできなくなりそうです私は。笑

どんな人に向いてる?


とにかくめんどくさがりにはいいかも。

私は、今回の設営・撤退が本当にラクで、毎回これでもいいと思いました。


ただ、今回はコットで寝るには寒かったのでヘキサライトの中に小型テントをインしたわけなのですが(カンガルースタイル)、こうしてインできるテントを持ってない人は使い勝手が悪いかもしれません。

インできるテントがないと冬場は寒いし、夏場は虫が避けれない

サイズ感としては、テントをインしてもまだローテーブル、椅子2脚、武井バーナーを置いた上でゆとりがある。広さは問題ないです。
フロアレスなので武井バーナーのような暖房器具も余裕

うーん、ある程度道具が揃ってる人には使い勝手良しですな。


上述の通り、例えば初心者でも簡単に設営・撤退 できるほど手軽だけど、ヘキサライト6Pについてはインするテントや冬向けの暖房道具を持ってる人向けかなぁと。

そうするとスリーシーズン、あるいはオールシーズン対応できる便利で手軽なサイト作りができるアイテムになり得るかと思います。


まぁでもメンズはいいのか?虫も寒さも平気な人はヘキサライトにコット寝でオールシーズンしちゃうのか??

変芸自在とは?

幕を全て降ろして使えばテントのようにもなり、他テントと連結したり、幕を開け放してタープ使いも可。

このバリエーションはツーポールシェルターならでは。


垂直に立つポールが邪魔であれば、ふたまたポールを準備して、ポールを幕に沿わせることで、より幕内スペースを有効活用できる余地もあります。

コグマ家は初っ端からふたまたポールを持参しました。テントをインしたければふたまたポールも検討しておくといいかもしれません。


ふたまたポールについては自作したわけなのですが、また近いうちに別記事で紹介しますね。

※だいたいの方が最終的には付属のワンポールではなく二股ポールを利用するようです。

気になるコストは?

ネットで調べたわけですけど、ヘキサライトはスペックの割に低価格なんですって。55000円で。


そうなの?じゃあ他のツーポールシェルターどんだけ高いねん、と思って色々調べたら同じツーポールシェルターでも9万、12万なんてものもあるし、3万、4万のものもあるからヘキサライトは中間層なのでは?という印象。

ただ、ヘキサライトは各方面で売り切れているし、みんなもってるしという信用力のもとで考えれば割安な気がしますね。後悔はしないかな。

まとめ

なんだかもう他のテントの設営がいやになりそうでした、ヘキサライトが簡単すぎて。


真冬はごめんだけどこの手軽さ、コンパクトさは他のテントに対して圧勝です。

嫁的に毎回このテントでいいよという感じ。だってラクだもん。

キャンプで一番つらいのが面倒な撤収作業ですけど、ヘキサライト6Pならかなり時短で作業できます。

ただ、ツーポールだと、風に弱いのは注意ですね。

おまけ

2019年にポリコットンverが出るらしいとざわついてます笑(もう今年だ!)


ポリコットン軽量感はなくなりますが、火に強く、吸水性があるので、より結露や雨漏りが発生しづらいというメリットがあります。

ただ水を吸うので重くなりやすい、カビやすい等デメリットも出てきます。

が、生地の耐久性を考えると長く使う上ではポリコットンのテント、シェルターを選ばれる方もいます


ヘキサライトの場合は構造上、どの生地も手軽なのでしょうが、軽量感を考えるとより手軽なのは従来のポリエステルでしょうかね。

長く使うのであればポリコットンかなぁ?また新しく発売になったらみなさんの感想を待ちたいですね。