コグマ夫婦のキャンプ雑記

アメリカキャンプ旅計画中。キャンプばかりの夫婦が日常、旅先のこと、好きなギアや好きなキャンプ場を語ります

【ナンガオーロラ900DX】最強シュラフ(寝袋)で冬キャンプも怖くない!


 

こんにちは、冬キャンプ大好き!コグマ家です。

キャンプや野宿をする際に必要なのが、防寒機能をしっかり備えたシュラフ(寝袋)ですよね。

キャンプで寝る際、『暑い』というのは対応がしやすいです。寝袋に入らなきゃいいテントの外で寝ればいい(極論) w

でも、キャンプ等で寝る際に『寒い』というのはなんとしても避けなければなりません

寝袋の装備が足りなかった場合、耐える以外に施しようがないからです。

また、寝る際に『寒い』というのは、最悪の場合死に至るケースもあります。これだけは避けねば。

今回はコグマ家が冬にも愛用する寝袋ナンガオーロラ900DX』についてまとめました。

ナンガオーロラ900DX』はマイナス圏まで対応してくれる優れものです。

キャンプでも使えますし、暑ければチャックを開けて温度調節することで春・秋も。

は寝袋を使わないとして笑、ナンガオーロラ900DXがあれば季節問わず対応できるのも便利です。

コグマ家のように、1軍シュラフとしてオールシーズン使うもよし、冬用に買うもよしのおすすめシュラフです。

関連記事>>>暖かい!【インナーシュラフ活用】で冬キャンプを快適に - コグマ夫婦のキャンプ雑記

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

ナンガオーロラ900DXとは?

キャンパーや登山家、チャリダー等から熱い指示を受けるメーカー『ナンガ』。

そんな『ナンガ』から出されている寝袋シリーズの中で、『ナンガオーロラ900DX』が、どんな位置付けの商品であるか、まずは解説します。

数ある商品の中でも『900g』のダウン量は圧倒的

『ナンガ』が取り扱うシュラフ(寝袋)については、商品名の数字がダウン量(グラム・g)を表しています

この数字の大きさが、そのまま保温性の高さにつながり、商品を選ぶ際の目安になります。

コグマ家が保有の『ナンガオーロラ900DX』は900gものダウンが使用されてるんですね。

ネットで検索してみてもらうとわかりますが、『ナンガ』の商品では、手軽なものとしてはダウン量『300g』から取り扱いがあります。

その数字の差が、保温力の差にもなっています。

『ナンガオーロラ900DX』はその羽毛の多さから言えばもはや布団ですwふわっふわ。

コグマ家はおかげで、雪中キャンプも安心です。

一般的なキャンプ場でキャンプするにあたって、温度に関してオールシーズン怖いもの無しの無双状態、それが『ナンガオーロラ900DX』のすごいところです。

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

『ナンガオーロラ900DX』の対応温度

ではそんな、羽毛900gを誇る『ナンガオーロラ900DX』の対応温度はいかほどなのか?

  • 快適使用温度 -22度
  • 使用可能限界温度 -37度

公式ではこのようになっています。

実際の使用感としては、上記にプラス10度を目安に考えた方がいいと言われています。

公式の数字にプラス10度しても、『ナンガオーロラ900DX』については十分マイナス圏に対応できるほどの保温性

日本で秋〜冬のキャンプをしようとすると、夜はマイナス圏なんてことも多いですね。

キャンプで何がツライって、『寒くて夜寝られない!』が一番ツライと思います。

ナンガオーロラ900DX』があれば、そんな不安ともおさらばです。

コグマ家は実際に雪中キャンプの時も『ナンガオーロラ900DX』を使用して、朝まで目が覚めません。笑(個人差はあります)

冬キャンプをする方、登山等厳しい環境に行かれる方、テントもなく野宿をする機会が想定される方はもちろん、厳しいシチュエーションは想定しないがキャンプで寒い思いをするのが苦手な方にもオススメです。(コグマ嫁がそう w)

コグマ嫁は『夜寝る時の寒さ』がツラくてキャンプが苦手でしたが、『ナンガオーロラ900DX』をゲットして以降は夜眠るのも楽しんでいます。ぽかぽか〜〜

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

保温性に加え防湿・透湿性を重視、そしてリーズナブル

先に述べましたようにダウン量900gと相当な保温性でありながら、『ナンガオーロラ900DX』は表面にオーロラテックスというコーティング加工がされ、湿度にも強くなっています。(もちろん限度はありますが)

このクオリティでいながら、リーズナブルを実現したのが『ナンガオーロラ900DX』なんですね。

ナンガオーロラ900DX』は山渓とのコラボ商品であり、取り扱うカラーをブラックのみにすることで、大量生産をしやすくしています。

故に、その価格設定が同規格の寝袋よりもリーズナブルになっているんですね。

これはありがたい。

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

短所『デカイ』

保温性・防湿性、透湿性を兼ね備え、かつ比較的リーズナブルという『ナンガオーロラ900DX』ですが、短所はあります。

とにかく『デカイ』。笑

  • 収納サイズ 22×37センチ
  • 総重量 1550グラム

コグマ家は、重さはそこまで気にならない(車移動なので)のですが、いかんせんデカイなーとは毎回思います。笑

ドドーン。って効果音が聞こえますね。笑

基本が車移動メインの方はあまり気にしなくていいサイズではありますが、バイカーや登山の方は積載の検討が必要ですね。

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

短所『しまうのが大変』は本当?

また、この『ナンガオーロラ900DX』はその保温性からフカフカ・ふわふわなために、一度広げると収納袋にしまうのが大変という口コミも。

コグマ家が実際に使用していてどうかというと、『収納も慣れれば問題ない!』という感想です。

コグマも最初は苦戦しましたね笑。でもいまや嫁も短時間で収納できます。『慣れ』です。

コツは、寝袋下部から空気を抜きながら上部に向けて巻いていき、その状態から収納袋に収納することですね。あとは力の限り押し込む! w

コグマ嫁も収納できる点を鑑みると、そこまで懸念しなくてもいいかな、と個人的には思います。

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

ナンガオーロラ『ライト』900DXとの違い

ちなみに、ナンガには似たネーミングの別商品がありますので注意です。

  • ナンガオーロラ900DX
  • ナンガオーロラライト900DX

ライト』がつくかつかないかですね。

ではその違いは何か?というと、『ライト』の名の通り、より軽量化が図られたシュラフが『ナンガオーロラライト900DX』です。

でも、軽量化された分価格はもちろん『ライト』の方が高い

一方、軽量化に加えて、『ライト』だといろいろカラーが選べるのが羨ましいところ、、しかし値段がよりかわいくないしな、、という葛藤。笑

車移動メインの方は、軽量化はあまり魅力にならないので、比較的リーズナブルな『ナンガオーロラ900DX』で十分かと思われます。

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

レギュラーサイズとロングサイズ

ナンガオーロラ900DX』にはサイズが2種類ありますのでご紹介します。

  • 身長175センチまで対応の『レギュラー』
  • 身長185センチまで対応の『ロング』

コグマは『レギュラー』、コグマは『ロング』です。寝袋の長さが違うんですね。

寝袋の長さ以外に差はありません。

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

結局『ナンガオーロラ900DX』はどんな人向け?

ここまで『ナンガオーロラ900DX』の特徴をまとめてきましたが、結局どんな人に向いているか、まとめてみました。

冬にキャンプや野宿をする人

はい、冬にも対応できる寝袋を考えている方には『ナンガオーロラ900DX』はオススメです。

先述した通り、-37度が使用可能限界温度となっているので、冬も-25度前後程度の環境までは強気で使えます。

(ちなみに快適温度は-22度。多少余裕をもって-10度くらいまでが快適温度と考えた方がいいとは思います)

冬キャンプではマイナス圏で寝ることも少なくないので、コグマ家としても大変重宝しています。

冬にキャンプや野宿をする方には、ナンガオーロラ900DXは一般的な環境での冬の使用であれば少し大袈裟くらいのレベルなので、ちょうどいいと思います。

もちろん、登山等で本格的に使う方にも選択肢になると思います。

また、冬に耐えうる防寒があれば、その他の季節も使用できるのでおすすめです。

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

『キャンプは夜寝る時がつらい』を解決したい人

人間何が一番つらいか、それは『暖のない環境で震えながら長い夜を過ごさなきゃいけない』状況だと思うんですね。

キャンプにおいても同じで、『夜寒くて寝られない』のではせっかくの楽しいキャンプも台無しです。ただツライだけ。

そんな時『ナンガオーロラ900DX』は心強い味方です。

コグマも初心者ながら『ナンガオーロラ900DX』を買いました。どんな季節もキャンプ場で寒さに怯えることなく、気持ちよく寝たいからです。

ナンガオーロラ900DX』の保温性があれば、一般的な環境のキャンプ場であればどんな季節も対応できますので、安心です。快適な眠りがゲットできます。

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

まだ寝袋を持ってない人

合わせて、キャンプや登山に興味があるのに、まだ寝袋を持ってない人にもオススメです。

よっぽど過酷な環境に行かない限り、この『ナンガオーロラ900DX』1つあれば、どんな季節も対応できるからです。

もちろん保温性に比例して、値段も上がるのが常なので、もっと安価な寝袋も世にはいっぱいあります。

が、季節に合わせた寝袋をそれぞれ買うより、寒い時期に耐えうる『ナンガオーロラ900DX』を1つ買う方がトータルコストも一番安く済むのではないでしょうか。

暑ければ、チャックを開けて掛け寝袋として使用することで温度調節の余地はあります。コグマ家は『ナンガオーロラ900DX』を春や秋も使ってます。

(夏は寝袋いらないので。タオルケットとかでいいですよね。 w)

キャンプ等の魅力にハマると、いずれ人が少なく空いている冬にキャンプ等をしたくなる時がくるものです。

そうすると余裕で夜〜朝はマイナス気温になったりするわけです。

そういう場合にも『ナンガオーロラ900DX』なら対応できますので、まず初めの1つとして、買って後悔しないと思います

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

合わせてナンガ社の永久保証について

合わせてご紹介しておきたいのが、『ナンガ社の永久保証』について。

ナンガの商品には、商品を長く使う中で、破れたり、劣化してしまったものを無料で修理してくれるサービス永久保証としてついています。

ナンガ社のこだわりを感じますね‥商品への愛が深い!

コグマ家も一度、ナンガのシュラフを破いてしまいましたが、無料で修理してもらいました。ありがてぇ!

この『永久保証』というのも、ナンガ社の商品を選ぶ理由になりますね。

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

まとめ・オールシーズンこれ1つで!『ナンガオーロラ900DX』はおすすめ

適応温度が低いほど寝袋の値段は上がってしまうのが寝袋の難しいところ。

しかし、この『ナンガオーロラ900DX』は、質の割に比較的リーズナブルで、しかも永久保証、1つあればオールシーズン対応できますから、とてもコスパのいい商品だと思います。

一度検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事>>>暖かい!【インナーシュラフ活用】で冬キャンプを快適に - コグマ夫婦のキャンプ雑記

●レギュラーサイズ

●ロングサイズ

Amazonでお得に買うなら

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonギフト券の現金チャージのキャンペーンがオススメです。

詳しくはこちらの記事にまとめています↓

Amazonギフト券に5000円以上現金チャージをして買い物をすると、Amazonポイント(1ポイント=1円)が貯まります。

同じ買い物をするなら、Amazonギフト券を使ってお得に買い物をしてみては?

今なら初回現金チャージで1000円分のポイントがもらえるので、トライの価値はあり!ですね。

詳しくはこちらの記事にまとめています↓

キャンプギア関連記事