コグマ夫婦のキャンプ雑記

アメリカキャンプ旅計画中。キャンプばかりの夫婦が日常、旅先のこと、好きなギアや好きなキャンプ場を語ります

車で充電ができる、手軽なカーインバーター!シガーソケットで活用しよう


 

キャンプで連泊する際の問題として、電源問題があります。

キャンプに限らず、運転中に充電できたらな〜〜〜〜と思うことはありませんか?

家電が使えないのはキャンプの醍醐味なのでいいとしても、最低限のスマホの充電確保については頭を悩ませるケースも多いのではないでしょうか。

やはり今のご時世、不足の事態に備えてスマホ等のネット回線のある端末いつでも使える状態にしておきたいものです。

今回は車さえあれば電源が取れる、カーインバーターについてご紹介します。

最近、カーインバーターは災害時にも役立つということでも注目されています。

カーインバーターとは?

シガーソケットにつなぐことで、車のバッテリーを用い電力を確保する装置カーインバーターといいます。

インバーターにコンセントをさし一定の電力まで使うことができ、スマホの充電はもちろんPCを使うための電源にもできます。

車さえ走行中であれば使えるので、宿なしの環境の方も電源が取れる。めちゃめちゃ便利!

我々キャンパーや長期旅行者、車中泊者には心強い味方です。

こういうやつですね↓

選び方は?

インバーターを検討するにあたっては、以下を確認する必要があります。

* そもそもシガーソケットがあるか
* 保有の車の電圧
* 想定される必要ワット数
* 必要なコンセントの差し口の数
* 予算

そもそもシガーソケットがあるか

今やおおかたの車には設置されていますが、念のため事前に確認をしておきましょう。

保有の車の電圧

車には大きく分けて2種類電圧があります。

* 一般的な車→12V
* 大型車等→24V

車の仕様によって、使えるインバーターも変わります。

普通車は12Vが一般的ですが、インバーター 検討の際は念のため車の電圧を確認しておきましょう。

今回この記事では12Vに絞ってご紹介します。

想定される必要ワット数

各インバーター の定格出力がいくらか見ることで、対応できるワット数を確認できます。

一般的には以下のような目安があります。

* 150ワット対応→スマホ等充電にも十分
* 300ワット対応→PCを作動させたい場合安心
* それ以上→家電対応させたい場合必要

ちなみに、スマホ1台充電するのに必要なワット数は10〜20ワットと言われています。

利用目的で必要ワット数も変わりますので、検討の際は確認しましょう。

注意!

300ワット分くらいであればバッテリー上がりは特段気にせず使えます。

が、その他家電等の電源として検討で、ワット数の高いインバーター使う場合バッテリー上がりに注意する必要があります。

バッテリー上がりを防ぐという意味で、どんなワット数でも基本はエンジン稼働中に使うことをおすすめします。

必要なコンセントの挿し口

例えばコグマ家の場合は夫婦で使うので、コンセントの差し口は2つあると便利です。

挿し口が1つで良ければ価格も下がります。差としては二千円程度違いますかね、物によりますが。

あとは挿し口の利用数分だけ、ワット数も必要になるので、その点も注意しましょう。

予算

挿し口の数、ワット数ともに、少ないほど低価格になります。

ご自身に合うインバーターのスペックについて把握できたでしょうか。

おすすめカーインバーター (シガーソケット利用)

コグマ家で使っていますカーインバーターを紹介します。

12V車用、300ワット対応、差し口2つ

↓BESTEKという会社のインバーターなのですが、口コミの評判もかなり良いですね。コスパも素晴らしいです。

12V車用、150ワット、差し口1つ

こちらは見た目は似てますが、違う会社の製品で、スペック違いです。

最低限でいいよ!という方は、こちらの方が安く手に入ります。

そもそもキャンプの時の充電方法の選択肢って?

そもそも、みなさんは今キャンプをする時充電についてはどうされてますか?

多くは以下の方法になると思います。

* モバイルバッテリー
* ポータブル電源
* カーインバーター
* (マックで充電?笑)
ちなみにモバイルバッテリーとポータブル電源については、過去にこちらの記事後半でご紹介してます。>>>
Amazon prime(アマゾンプライム)を活用しよう~会費、テレビ出力、映画館ごっこ~ - コグマ夫婦のキャンプ雑記

今回の記事の主役、カーインバーターが、ほかの媒体に比べてどうなのか、それぞれ比較してみます。

持ち運び、サイズ

ポータブル電源>>>カーインバーター >モバイルバッテリー

価格

ポータブル電源>>>カーインバーター >モバイルバッテリー

手間

ポータブル電源(長時間充電しておく必要がある)>>>モバイルバッテリー(充電しておく必要がある)>>カーインバーター

いざという時(災害時等)役立つ

カーインバーター >>ポータブル電源>>>モバイルバッテリー

結局何がおすすめ?

ポータブル電源、モバイルバッテリーはやはり充電をした状態でしか使えないという点で、少し不便ですね。

カーインバーターがある場合車のエンジンさえ入れば何度でも充電できる点、持ち運びがコンパクトな点が、ポータブル電源とモバイルバッテリー両者のいいとこどりをしたようなスペックになっています。

全部は必要ないですが、ポータブル電源かモバイルバッテリーどちらかを、カーインバーターと合わせて持参できれば、よっぽどの長期でなければ満足に対応できるでしょう。

一家に1台、カーインバーター!

2000〜4000円と値段もそこまで高いわけではないですし、災害時等不足の事態にも役立つという意味では、買っておいても損ではないでしょう。